BLUE BLUE

SAVE BEACH

IMG_9988

BEACHにあるHappyアイテム♡

人口わずか約16,000人の小さな漁師町、高知県最南端土佐清水市。

海・山・川…大自然に囲まれたこの素晴らしい街で、ビーチコーミングの視点を持って歩くと
たくさんの宝物にあふれていることに気がつきます。

貝殻・ビーチグラス・海草・珊瑚のカケラ・流木…。
身近にあるキラキラ光る海・美しい浜には
イマジネーションを掻き立てられるアートな素材でいっぱいです。

みなさんはビーチグラス(beach glass)シーグラス(sea glass)という物をご存知ですか?

海に捨てられたガラス製品が割れて、潮の流れに沿って波と砂に揉まれ、削られ、
転がりながら10~15年の歳月を経て 丸みを帯びた美しいビーチグラスへと変化するガラスのカケラ。

これが海の宝石ビーチグラス(beach glass)シーグラス(sea glass)とよばれるもの。
全体が丸みを帯びているものほど、長い年月をかけて波に揉まれてきた証。
海は、CO2を出さないエネルギーでゴミを宝石に変えたことになりますね。

世界に打ち上げられるビーチグラスは、詩的に”人魚の涙” mermaids Tears といわれているのも、
なんだかロマンチックだと思いませんか?♡

シーグラスの魅力のひとつは、色や形・大きさもふたつとして同じものはなく、
珍しい色はピンク・灰色・紫・赤・黒、赤はおよそ5,000コに1コ、
オレンジは最も希少とされており10,000コに1コの割合であるといわれています。(Wikipedia抜粋)

波は打ち寄せては返し、ゴミもまた一緒にあがります。
素足で歩ける美しい砂浜を次世代に引き継ぐ為に、身のまわりにできることはいっぱいある。
海へのPureな気持ちがBEACH CLEAN活動につながり、
自然に対してやさしい人があふれることを願っています。

BLUE BLUE